【Java逆引き】ファイル出力処理のサンプルコード

ファイルに出力は、

  • PrintWriter
  • BufferedWriter
  • FileWriter

を利用しています。

その他にも出力方法はありますが、まずは1パターン。

また、戻り値は処理に合わせて、throwや戻り値を変更してください。

import java.io.BufferedWriter;
import java.io.File;
import java.io.FileWriter;
import java.io.IOException;
import java.io.PrintWriter;

public class FileOutput {

	/**
	 * ファイル出力
	 *
	 * @param filePath ファイルパス(ex. c:\xxx\zzz.txt)
	 * @return true:正常終了, false:書き込み失敗
	 */
	public boolean outpuFile(String filePath) {
		PrintWriter pw = null;
		boolean result = false;
		try {
			File file = new File(filePath);
			if (checkCanWrite(file)) {
				pw = new PrintWriter(new BufferedWriter(new FileWriter(file)));
				pw.println("hoge");
				pw.println(1234);
				result = true;
			} else {
				System.out.println("ファイル出力に失敗");
			}
		} catch (IOException e) {
			System.out.println(e);
		} finally {
			if (pw != null) {
				pw.close();
			}
		}
		return result;
	}

	/**
	 * ファイル書き込みチェック
	 *
	 * @param file 書き込み対象ファイル
	 * @return true:書き込み可能, false:書き込み不可
	 */
	private boolean checkCanWrite(File file) {
		if (file.exists() && file.isFile() && file.canWrite()) {
			return true;
		}
		return false;
	}
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です